暮らしのウェブマガジン『ikume(いくみ)』の編集長が、ウェブマガジンでは語られなかった裏話を公開。
体裁にこだわらず、そのとき感じたままの想いをツラツラと書いてます。
まずは、本編をご覧ください→http://ikume.net/
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
編集後記vol.21
 「初夏の訪れ」
気づくと街路樹の木が新緑の鮮やかな緑で輝いている。
ふと視線を上げてみると、新緑の葉が太陽の光をより一層輝かしているようにも思える。
毎年思うことだが、この時期は一年の中で一番生命力というものを感じさせてくれる季節だ。
山へ行けばタケノコが次々と顔を出し、山菜の美味しい季節も近づいてくる。
田んぼでは一斉に田植えの仕事が始まり、あっという間に緑の絨毯のようになる。
動物や虫たちも例外ではなく動きを活発にしていく。
まさに冬の間じっと我慢していた様々な物が動き出す季節。
私は、このような躍動的な季節が一年の中で一番好きなのかもしれない。

編集後記 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://ikume.jugem.jp/trackback/154
<< NEW | TOP | OLD>>